NATURAピープル / 永瀬沙世(写真家)

 
永瀬沙世
「意識を超えた写真にするために、追求しようとか、創ろうとか、してはだめで・・・」
 
NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo

NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo

永瀬沙世

永瀬沙世

●職業:

写真家

●最近の活動:

5月、ニューヨークフォトグラファーズフェスティバル2008参加。デンマークのSmagazineで2テーマ撮り下ろし。
2006年、写真集「青の時間」(プチグラパブリッシング発刊)発刊後、新たに作品制作中。
www.nagasesayo.com

 

【Q1】選ばれた写真についてお聞かせ下さい。

「そのときを逃したらなくなってしまうという現実」
に、
さらされているものを
いつも撮っている。

そして、撮ったら紙になって、
今の現実になる。

【Q2】NATURAを使ってみた感想は?

共鳴。

【Q3】NATURAを撮る際、どんなことに気をつけましたか?

普通に簡単に。

NATURAに限らず写真はシンプルに押すだけ。
意識を超えた写真にするために、追求しようとか、創ろうとか、してはだめで・・・

対象とアイコンタクトならぬ第六感コンタクトしたあとは、
流れるように、引き受ける。

じーーって見て引っ張って・・・・・
パッとつかむ。。

【Q4】仕事でもフィルムカメラを使う理由は?

往生際がいいところ。

ストレートなところ。

質感が写っているところ。

【Q5】あなたにとってNATURAの魅力とは?

被写体や私に詰めてこない感じがいい。

余白、遊びの部分を作ってくれるカメラ。
でも、ナチュラ自身はそこを目指していなくて、
ちゃんとした、考え抜かれたテクノロジーで撮ろうとしてくれていて
気の抜けないところ。

素直でシンプルで、自分の役目をわかってくれているカメラ。

目から鱗カメラ。

 
 
< 前回のピープル | 次回のピープル>
< NATURAピープル一覧に戻る