NATURAピープル / 藤本智士(編集者)

 
藤本智士
「すごく良く撮れるのに、撮れすぎ感がないところ。」
 
NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo

NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo

藤本智士

藤本智士

●職業:

編集者(parkediting)

●最近の活動:

編集長を務める雑誌「Re:S」最新号、vol,10 特集「木からしる」が発売中。フィルムカメラの良さを伝えるフリーペーパー「写真のことば」を創刊。全国の写真屋さんを中心に配布中。
http://www.parkediting.com
http://www.re-s.jp
http://fotonoma.jp/kotoba/

 

【Q1】写真を撮った時のエピソードを教えてください。

とにかく日常。スペシャルな瞬間やものをのこしていくというよりは、何気ない日々こそ、時がたったときにスペシャルなものへと変わっていくはず。と、そんな風に未来を思いながら撮りました。使っているフィルムはNEOPAN1600。モノクロの高感度フィルムです。ISO1600なので、きちんとNPモードになってくれるんですよ。

【Q2】フィルムカメラの好きなところは?

プロダクトそのもの美しさや、魔法を込められる余地があるところ。

【Q3】普段はどんな被写体を撮ることが多いですか?

娘。奥さん。家の中。友達。神社。食べ物。

【Q4】藤本さんにとって、写真とは、何ですか?

いまを生きるぼくらの使命

【Q5】さいごにNATURAの魅力とは?

すごく良く撮れるのに、撮れすぎ感がないところ。この適度な頃合いが何よりも大好きです。ハッとするような一瞬をスッと切り取ってくれるというよりも、シャボンのようなものでふわっと包んでしまうような印象。そんな機械はそうそう無いと思う。

 
 
< 前回のピープル | 次回のピープル>
< NATURAピープル一覧に戻る