NATURAピープル / 浅野達彦(ミュージシャン)

 
浅野達彦
「気持ちを研ぎすませて撮ったり、一枚一枚大事に撮るという事が改めて新鮮でした。」
 
NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo

NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo

浅野達彦

浅野達彦

●職業:

ミュージシャン

●最近の活動:

2009年10月7日“銀幕と音楽の世界”というイベントを東京の原美術館で行います。 自作の映像を使ってライブをします。
www2.ttcn.ne.jp/asano

 

【Q1】写真を撮ったときのエピソードを教えてください。

普段から手首にぶら下げて持ち歩いていました。
夜の風景を撮ることが多かったです。
それと初めて観たサーカスの空中ブランコに
びっくりして随分シャッターを押してしまいました。

【Q2】はじめてNATURAを使った感想はいかがでしたか?

気持ちを研ぎすませて撮ったり、
一枚一枚大事に撮るという事が改めて新鮮でした。

【Q3】これからNATURAで撮ってみたいものはありますか?

今回やらせて頂いて、影とか何かに反射した映像に
興味が強くなっていることに気づきましたので、
今後もっと追求してみたいです。

【Q4】浅野さんにとって、写真とは?

公平で客観的。ある時の光が画面に公平にぶつかった痕跡。

【Q5】さいごにNATURAの魅力とは?

小さいけど目でファインダーを覗いて顔にカメラをくっつけて撮るところ。

 
 
< 前回のピープル | 次回のピープル>
< NATURAピープル一覧に戻る