NATURAピープル / 水谷孝次(アートディレクター)

 
NATURA 水谷孝次
「NATURAはラブリーでファンタジーで、詩人にしてくれる、ロマンチックなカメラである。」
 
NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo

NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo

fukuirisa

水谷孝次

●職業:

アートディレクター

●最近の活動:

「笑顔は世界共通のコミュニケーション」を合言葉に99年より「MERRY PROJECT」として活動中。
www.merryproject.com/

 

【Q1】写真を撮ったときのエピソードを教えてください。

カメラを手にとった瞬間、とにかく色が鮮やかでラブリーでファンタジーな写真にしたかった。
まず事務所の上の屋上農園「Merry Garden」のワニとネコのいる風景。
その後、近所の公園で遊ぶ子どもたちとワニを撮影しました。

【Q2】NATURAを使った感想は?

色が美しく、鮮やか!
メリハリ・コントラストが強調されブルーグレーの調子でなかなか良い!

【Q3】フィルムカメラの好きなところは?

デジタルカメラは軽さ、浅さ、を感じる。
また、残らないデータや、大きく伸ばすのには不安だ。
やはりフィルムは、メリハリ・コントラスト強く、プリント出力時に
コントロールでき、大きくのばせるのが良い。

【Q4】水谷さんにとって写真とは?

自分の「思い」を「カタチ」にする媒体。
写真はコミュニケーション、人の気持ちを写真で表現する、
また、私にとって写真は、人や社会・地球を幸せにする。

【Q5】さいごにNATURAの魅力とは?

軽く、フィルムカメラのノスタルジーがあり、情緒的。
NATURAはラブリーでファンタジーで、詩人にしてくれる、
ロマンチックなカメラである。
やはり自分の「心」を表現する、自分の手触りがそのまま
写真に表現できるカメラである。

 
 
< 前回のピープル | 次回のピープル>
< NATURAピープル一覧に戻る