NATURAピープル / 熊谷直子(写真家)

 
NATURA 熊谷直子
「ボケ具合も良く、暗くても撮れる優れもの。」
 
NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo

NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo NATURA Photo

熊谷直子

●職業:

写真家


●最近の活動:
2011年8月10日19時〜
Whenever Wherever Festival
『写真と身体』にてダンサー笠井瑞丈さんと写真を合わせた作品を発表します。

bodyartslabo.com/wwfes2011
 

【Q1】写真を撮ったときのエピソードを教えてください。

日常の一コマ。
私のいつもの世界。

【Q2】はじめてNATURAを使った感想は?

軽くてとても小さいのに、こんなにも撮れるんだと驚いた。
凄い!の一言。

【Q3】フィルムカメラの好きなところは?

ザラつき感や湿度。
後、その場で確認出来ないので感情がダイレクトに込められるところ。
シャッターや巻上げの音を聞く度、
写真を撮っているんだと興奮する。

【Q4】熊谷直子さんにとって、写真とは?

言葉であり、感情であり、分身。
もしくは私そのもの。

【Q5】さいごにNATURAの魅力とは?

こんなに小さいのにこんなにも綺麗に撮れることに感動!!
ノーファインダーで撮る面白さもNATURAで発見。
ボケ具合も良く、暗くても撮れる優れもの。

フランスに居た頃、よく夜の写真を撮っていたのだけど、
その時の感情を思い出させてくれた感謝すべきカメラで、
これからは相棒にしたいです。

 
 
< 前回のピープル | 次回のピープル>
< NATURAピープル一覧に戻る